Analog.man King Of Tone

JUGEMテーマ:音楽

 

オーバードライブペダルって、ギタリストにとっては一番大事じゃないスか?
それぞれのこだわりが一番出るペダルだと思う。

このKing Of Tone。
今じゃ新品はほぼ手に入らないみたい。
一時期は8万以上で取引されてたりしてたけど、今は5-6万くらい??
ヤフオクで運よく格安で購入。もちろん中古。


トランスペアレント系オーバードライブって言うの??
そんなに歪む感じのペダルではない。
おいらのKing Of Toneにはハイゲインスイッチ付てるけど
ONにした音はあんまり好きじゃないので使わない。

左のチャンネルでほんのちょいとクランチさせて
(強く弾いたらちょいと歪むくらい)
右は普通にドライブさせる感じで使ってます。
もちろん、左ONで更に右ONみたいにも使えるので
バッキングとソロみたいな使い分けができる。
(個人的にはソロ弾くときは他のペダル踏んでるけど。)

音はというと
コードで鳴らしたときの分離感がすごく気持ち良い。
初めて弾いたときには、やっと思い描いていた音に出会えた!と感動した。

コードをかき鳴らすようなジャンルには最高に会う。
1ペダルで2度おいしいのもボード上の場所節約にもなるし。。。笑
もう、これ一生モノだな!と絶賛愛用中で御座います。

ところがですね、最近少し不満が。

もともと小さめのフェンダーのチューブアンプの歪みをシュミレートしてるということで
確かに空間イメージは狭い気がする。
決してレンジが狭い訳ではないと思う。
BOSSやTS系に比べると上から下までしっかりと鳴ってくれるイメージだけど
空気感というか何というか。。。少しこじんまりとした感じになるのは否めない。

段々と気になる瞬間が増えてきた、感じ?
弾いてる自分以外はなーんとも思わない、よくあるギタリストの小さな小さなこだわりレベルなんですけど。

まぁとは言え
今まで出会ったオーバードライブペダルの中では断トツに気に入ってる。
永遠にメインのペダルか?と言われると、ちと自信ないけど
手放すつもりも無いし、ペダルボードからはずす予定も無い。

そんなこんなの
Analog.man King Of Toneです。